2006/2/15

医療費控除について  患者学入門

 所得税の確定申告の時期です。医療費を多く支払った患者さんにとっては医療費控除の対象になられる方も多いと思います。該当者の方は手続きしてみましょう。

 平成17年中の生計を同じくする家族全員の医療費が10万円または年間所得の合計額の5%のいずれかの低い額を超えた場合に対象になります。

 医療費控除額=医療費の支払額−健保・損保・生保給付金等−10万円または年間所得の5%の低い額(最高で200万円まで)

 医療費の計算は結構めんどうです。エクセルでするのもいいですが、無料でダウンロードできる医療費控除の計算ソフトもあります。検索サイトで探してみてください。でも、計算結果は保証しませんという但し書き付です。

 私も計算してみました。骨髄バンクの費用や通院交通費なども算入したのですが、健康保険の高額療養費や民間医療保険の入院給付金等が上回りわずかながら足りませんでした。それだけ、皆さんの保険料で助かったということでしょうか。


国税庁タックスアンサー  http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm




 医療費とは
@医師・歯科医師の診療代・治療代
A治療・療養のための医薬品代
B通院費
C治療に関わるあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによる施術の対価
D保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の対価
E助産婦による分娩介助の対価
F介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額
G義手、義足、松葉杖、義歯などの購入費用、傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合に、おむつを使う必要があると認められるときのおむつ代など
H骨髄移植推進財団に支払う骨髄移植のあっせんに係る患者負担金、日本臓器移植ネットワークに支払う臓器移植のあっせんに係る患者負担金
などです。詳しくは税務署・国税庁のタックスアンサーへ
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ