2006/2/27

がん専門医もがんになる  患者学入門「がん生還者」

 先週発行の「AERA」(2006.2.27号)からですが、「がん専門医のがん養生」という記事がありました。タイトル通りの内容の記事ですが、一つ気になる内容がありました。

 それは国立がんセンターの垣添総長自身が二度のがんを患っていること。そして、「がんセンター中央病院の部長のほぼ半数ががん経験者でしょうか」と語っていることです。日本のがん治療の中心の病院の現役医師でもがんに多くかかるわけですから、一般市民がかかるのは避けられないように思います。

 でも嘆いているだけではいけません。少し前で記憶が定かでないのですがアメリカのABCテレビがアメリカのがん患者の死亡率が初めて低下したという報道をしていました。がん患者は減ってはいないのでしょうが、死亡率が低下したということではないでしょうか。

 そこでは、その理由として、禁煙を中心とする予防、マンモグラフイ等の普及による検診率の向上、抗がん剤を中心とした新しい薬物療法の進歩、患者にあまり負担にならない治療法の開発などがあがっていました。

 
 がん患者の増加は避けられなくても、死亡率を低下させ、生存率をあげることは、わが国でも可能ではないでしょうか。

 
 追伸
 アメリカでのがん死亡者が減ったという内容の記事が別のサイトで発見しましたので紹介します。
 
 NIKKEI NET いきいき健康
http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20060216hj000hj
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ