2006/2/11

退院後6ヶ月前後の様子   闘病の記録「骨髄移植編」

 外来通院時の採血で骨髄移植後ずっと手首からの採血でしたが、温めながらですが、初めて普通に肘の内側から出来るようになりました。採血室のスタッフ泣かせの患者ですが、少しは扱いやすい患者になったでしょうか。血管の回復を感じます。

 免疫抑制剤プログラフが1日あたり1.5mg〜1mgと減りました。明らかなGVHDがみられないためです。

 いつのまにか、胃の不快感・膨満感はあまり気にならなくなりました。食欲もあります。

 職場復帰にむけて、パソコンや読書で頭の回転をもどし、集中力も取りもどそうとしました。でもあせってはいけません。1日、1日できることを積み重ねていく気持ちは忘れてはいけません。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ