2006/11/26

頸城 ジ1 その5  頸城鉄道

いよいよ塗装作業です。
私の場合、ほとんど缶スプレーを使用しています。
えっ、理由ですか?...単に片付けるのか簡単だからです。(^^ゞ

今回は、こちらの5種類を使用しました。
左から、GM製黄色5号、ぶどう色2号、Mr.COLORのウッドブラウン(No43)、ジャーマングレー(No40)、つや消しブラック(No33)です。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、客ドアをウッドブラウンで塗装します。
ここでは、マスキングをしないで、客ドアを中心にそのまま吹き付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

換装したところで、客ドアをマスキングします。
マスキングはテープを実測した寸法に切ってから貼ります。

クリックすると元のサイズで表示します

客ドア窓の内側も吹き込み防止のためにマスキングしておきます。
面倒ですが、細かなところまで考慮しておかないと、後で後悔するので、頑張って貼り付けましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

マスキングが終わったところで、窓枠を中心に黄色5号を吹き付けます。
塗り過ぎないように、さっと吹く程度にしておきます。
黄色を吹き付けた後は、窓をマスキングします。
こちらも非常に面倒ですが、窓一つ一つを実測した寸法に切ってから貼り付けます。
前面窓のように2段となっているところは、下段を貼ってから、大き目の上段を貼っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

全体を貼り終わると、こんな具合になります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、全体をぶどう色に塗っていきます。
一度に塗らず、さっと吹く感じで、何度かに分けて塗っていきます。
また、塗料が入りにくいところから塗っていくのもコツの一つです。
塗り終わると、こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに、屋根部分を残して、全体をマスキングします。

クリックすると元のサイズで表示します

この状態にした後、ルーフィングサンドを撒きます。
ルーフィングサンドを撒かなければ、このままジャーマングレーに塗ります。
しかし、今回はバルサの木目を消す意味もあって、ルーフィングサンドにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

一度、サーフェーサーで表面をぬらし、そこに撒きます。
通常は、リターダーシンナーでぬらすのですが、面倒なのでサーフェーサーで代用してます。
作業を早く行えれば、上記の方法でも大丈夫です。
ルーフィングサンドを撒いた後は、余分なサンドを落とし、ジャーマングレーで固着します。

クリックすると元のサイズで表示します

乾いたところで、テープをはがします。
この瞬間が、楽しみでもあり、どきどきする瞬間でもあります。
テープを全部外すと、こんな感じになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずまずの仕上がりでした。
はみ出したところなどは、ここでタッチアップしておきます。
さて、最後の仕上げと行きましょう!
この続きは、次回の更新にて...
0



2006/11/28  21:25

投稿者:植原@管理者

しまなみ@村上さん

日曜日に頑張って塗装しました。
タイフォンは、写真で見ると磨きだされた感じがしないので、そのままか黒にしようかと思ってます。

穴熊さん

我流の工作方ですので、恥ずかしい限りですが、参考になれば幸いです。

まるけいファンさん

コメントありがとうございます。
過分のお言葉、恐縮です。(^^ゞ

2006/11/27  19:42

投稿者:まるけいファン

エッチングキットのような仕上がりに見えます

2006/11/27  0:10

投稿者:縦釜@外側台枠@穴熊

「どうやったらうまく塗れるのだろう」と思っている私には、とても楽しい記事でした。

http://blog.goo.ne.jp/anagumatanuki

2006/11/26  21:15

投稿者:しまなみ@村上

植原さん、予想より早く塗りあがったようで何よりです。
タイフォンは、後から磨きだすんですね。これも参考になりました。
完成したら是非見せてください。

http://park.geocities.jp/shimanami_tetsudou/index.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ