2007/10/14

花巻 デハ1 その2  花巻電鉄

設計が終わった図面から、CraftROBOを使って窓抜きを行いました。
抜き終わった状態がこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

いつも通り、サーフェーサーで表面を整え、補強材を貼り付けます。
この電車は正面に向かって絞り込まれていますので、補強材も端を斜めにカットし、形を整えました。

クリックすると元のサイズで表示します

この状態から、箱に組み上げます。
さらに、雨樋、シル、ヘッダーなどを貼り付け、再度、サーフェーサーを軽く吹いておきます。
組みあがった車体を上から見ると、絞り込まれている様子や狭い幅の車体がよく分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根板は、3mm厚の余った板から削り出しました。
で、こんな感じで車体がほぼ出来上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/10/20  17:14

投稿者:ウエハラ

KBMC@Hさん

コメントありがとうございます。
Hさん製作の福島交通に触発されて、久しぶりに電車を作りたくなってしまったんです。
完成したら、一緒に走らせましょう。

2007/10/17  21:01

投稿者:KBMC@H

おー馬面電車良いですねー。
自分は「花巻」も大好きです。
作りもしないのに欲しくなっちゃいます。

2007/10/14  20:34

投稿者:ウエハラ

くるまやさん

コメントありがとうございます。
設計段階では、すべてレイヤーを分けています。その方が、型紙にするときに、簡単にできますので...
昨日、アップした組立図で線の色が違うのはレイヤー毎に色を変えているためなんです。
これでお分かりになりますでしょうか?

2007/10/14  20:21

投稿者:くるまや

こんばんは
CADとCraftROBOを活用して、次から次へと車両を完成されていますね。素晴らしいです。CADで型紙を作られる時は、設計段階でレイヤーを分けておくのですか?こつをご披露ください。

http://kurumaya.spaces.live.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ