2007/12/9

南筑のガソリンカー その5  南筑軌道

動力ユニットを所有のBトレから外してしまいました。(^^ゞ

非動力側の台車を外し、出っ張りを削ります。
単軸側は、カワイモデルのワラ1を利用しました。
下回りを分解し、軸受け周りをニッパで切断。逃げ穴を開けて、Bトレの床板に接着しました。床板は、1.2mm厚のプラ板で製作してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

車体を乗せると、ガソリンカーの姿が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動力側の台車がそのままなのがちょっと気になりますが、雰囲気は再現できたと思います。さて、残る工作は前面の保護網です。来週は完成するかな...?
1



2007/12/12  21:50

投稿者:ウエハラ

西葛軌道さん

コメントありがとうございます。
ボディ色は悩んでいます。ぶどう色2号かブリティッシュグリーンのどちらかにすると思います。

JOKERさん

コメントありがとうございます。
のどかな列車だったんですね。
ポンポン軌道とは焼玉エンジンの音からきているんでしょうね。貨車もあったんですね。

穴熊さん

コメントありがとうございます。
紙製の細いシル・ヘッダーを貼るのは大変気を使います。貼り終わるとグッタリです。(^^ゞ
でも、まっすぐに貼ることが最終的な仕上がりを左右すると思いますので、慎重に作業してます。色々工夫していますが、未だにこれといった効率良い方法が見つかりません。

2007/12/10  10:43

投稿者:茶釜@穴熊

何ときれいな出来上がり!
細いシル・ヘッダーもまっすぐに切れているのが、画像でも良くわかります。
「直線をまっすぐに切る」簡単なようで、これが一番、難しい!

http://blog.goo.ne.jp/anagumatanuki

2007/12/10  3:06

投稿者:JOKER

だいぶカタチになってきましたねー。
父母に南筑の思い出を先日聞いてみました。
母は、子供のころ南筑に乗って、福島から羽犬塚の歯医者まで通っていたそうです。たいへん速度が遅くて、ずいぶん時間がかかったと言ってました。当時は、ポンポン軌道と呼んでいたそうな。客車の後ろには、材木を乗せる屋根なしの貨車をひいていたそうです。

2007/12/9  20:03

投稿者:西

綺麗に仕上がるようですね。完成が楽しみです。
ところで塗装は何色にされます?茶orマルーン?

http://www.k4.dion.ne.jp/~ksn/model/saikatsu_tramway.htm

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ