2008/5/18

蓄音機ガレージ その5  頸城鉄道

昨日はアップしませんでしたが、ずいぶんと工作が進みました。

まず、機関庫入り口の扉を檜材とSTウッドで製作。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、屋根瓦をエコーモデル製を使って、建物の大きさに合わせ作りました。
エコーモデル製だと寸法が足らない部分があるので、数ピースに分割してから接着してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根瓦の大きさに合わせて、ボール紙でベースを製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、ここから、ステインで着色しました。
屋根瓦はジャーマングレイで塗装。ベース部分には、ゴム系接着剤で接着。
窓枠もステインで着色後、透明PC板を接着しておきます。
機関庫入り口の扉は、接着して固定しました。

ということで、こんな状態まできました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ外観が完成しました。これからはディティールを作っていこうと思います。
1



2008/5/21  21:03

投稿者:ウエハラ

穴熊さん

毎度コメントをありがとうございます。
仕上げはこれからですが、出来るだけ現役時代を髣髴とさせるように、頑張って仕上げたいと思います。

2008/5/20  0:05

投稿者:縦釜@穴熊

うーむ、コッペルの煙の匂いがしそうなクラですね!

http://blog.goo.ne.jp/anagumatanuki

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ