2008/9/15

百間町モジュール その11  頸城鉄道

モジュールに小物を追加しました。

まずは、駅横の門。エコーモデルの窓用手すりと1mm角の檜材で製作。
写真後方に写っている自転車は、プライザー製です。

クリックすると元のサイズで表示します

詰所脇には、エコーモデルのゴミ焼き器とバルサで製作した枕木を置きました。

クリックすると元のサイズで表示します

本社の窓際には、トミーテックの「欅」を使った木を植えました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎には、エコーモデルのはかりを設置。

クリックすると元のサイズで表示します

駅周辺と機関庫周辺には、竹ひごを使った電柱を設置しました。

クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ小物が足りません。少しずつ充実させていきたいと思います。
0



2008/9/20  8:26

投稿者:ウエハラ

カワイさま

毎度コメントをありがとうございます。
MW工作台拝見しました。キットをベースにオリジナルの仕上げを施されているんですね。独自の世界を築かれているのがすばらしいです。

穴熊さん

コメントありがとうございます。穴熊さんもダックスに着手されたんですね。祭で拝見するのが楽しみです。

2008/9/16  13:23

投稿者:縦釜@穴熊

皆様、どんどん「祭」企画、完成へと進んでおられますね!
私のダックス、相変わらず「手付かずキット」状態です。

http://blog.goo.ne.jp/anagumatanuki

2008/9/15  19:00

投稿者:カワイ

脱帽です!素晴らしいです!私も檜材を利用した幼稚な工作で、貨車製作をしましたが・・・1ミリ角の檜材で存在感のある駅横の門!はかりも良いですね!ウエハラ様のセタに憧れ・・・でも超不器用な私は単なる無蓋車になってしまいました。MWの工作台、ご笑覧ください(汗)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ