2009/2/15

頸城 新黒井駅ショーティー その2  頸城鉄道

各側面の図面が出来上がったところで、いよいよ製作開始です。
まずは、車両製作用紙にプリンターで印刷します。

クリックすると元のサイズで表示します

外形を切り抜き、檜材と下見板をひたすら貼っていきます。
単調な作業が続きますので、ここが辛抱のしどころ。(^^ゞ
今日はここまで出来上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの側面の下見板が未完成ですが、大まかな形が見えてきました。
実際の形が見えてくると、楽しくなります。(^^♪
0



2009/2/17  21:49

投稿者:ウエハラ

カワイさん

ありがとうございます。
この先、どんな仕上がりになるか未知数ですが、頑張ります。(^^ゞ

栂森さん

設計をしっかりやっているつもりですが、組み立ててみると結構合わないところが出てきます。最終的には現物あわせですね。(^^ゞ
ぜひ、またお邪魔したいと思います。

2009/2/15  23:37

投稿者:栂森

いいですね〜
ウエハラさんのプロセスを見せていただいていて思うことは
やはり設計と施工がちゃんとしている、ということですね。
自分のトコの「だいたいこのくらい建築」とはエライ違いです。
栂鉄の機関庫なんて、側板妻板出来上がって組み立ててから上辺を切って高さ調節してましたから(笑)

「ちゃんとしているものは、やはりちゃんとしている」ということを改めて学ばせていただきました。
また遊びにおいで下さい。

2009/2/15  18:56

投稿者:カワイ

ウエハラ様。おぉ〜〜〜!
美しい縦長の窓・・・
流石です!素晴らし過ぎですぅ〜〜〜

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ