2009/3/1

頸城パイク その1  頸城鉄道

新黒井駅が完成したので、いよいよパイクの製作開始です。
サイズは280×150mm。ちょうど、WAVE製のクリアケース「T・ケースL」に入る大きさとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

このケースの中に直接線路をひくわけにいきませんので、台枠を製作します。
10×15mmの角材をこのように組みました。

クリックすると元のサイズで表示します

この上に手持ちのアガチス材3mm厚を接着して、台枠の完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

ケースの中に入れてみました。採寸通り、内側ピッタリです。

クリックすると元のサイズで表示します

次に線路をひきます。
これも手持ちのPEKO製フレキを使用しました。
カーブ半径R55の極小エンドレスです。ショーティーの車両でないと、曲がれません。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

フィーダーは、リード線を半田付け後、台枠とケース下板を通して、裏側に配線します。
ケースの裏側にはTOMIXの70mm線路を接着。ケース側面からフィーダーケーブルを挿せるようにしました。
エンドレスの線路からのフィーダー線もこれからの工作のことも考慮してジョイナーで外せるようにしてあります。


クリックすると元のサイズで表示します
0



2009/3/5  21:30

投稿者:ウエハラ

tototo@Iさん

>細かい事をやってますが、腕がついていかず四苦八苦しています。
>アドバイスをいただけたら嬉しいです。

あまり参考になるか分かりませんが、もしお聞きになりたいことがありましたら、何なりとお問い合わせください。

2009/3/3  23:53

投稿者:tototo@I

ウエハラさん、こんばんわ。
私のブログに来てくださってありがとうございます。
細かい事をやってますが、腕がついていかず四苦八苦しています。
アドバイスをいただけたら嬉しいです。

2009/3/2  20:06

投稿者:ウエハラ

カワイさん

>これで、鉄コレコントローラー&パイクで・・・
いつでもどこでも楽しめますね

そうなんです。疲れて帰ってきたときに、一杯やりながら、パイクを回る車両を見ているだけでも、癒されます。(^^ゞ

tototo@Iさん

初めまして。コメントありがとうございます。
tototo@Iさんのブログも拝見しました。
Nゲージのパイクながら、こだわりのある細かい工作をされてますね。私の方も色々と参考になります。
これからちょくちょく拝見させていただきますね。

2009/3/2  13:25

投稿者:tototo@I

ウエハラ様、はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
Nゲージですが、現在パイクを制作しており色々勉強になります。

電源のアイデアとてもいいですね。

http://huukeiwoasobu.blog57.fc2.com/

2009/3/1  18:41

投稿者:カワイ

ウエハラ様。なるほど!です。これで、鉄コレコントローラー&パイクで・・・
いつでもどこでも楽しめますね(流石)!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ