2005/9/18

待合室  

ストラクチャの新作で、こんな待合室を作ってみました。
プロトタイプは、仙北鉄道の板倉駅です。軽便探訪に出ていた写真は、いかにも作ってくださいと言わんばかりの愛らしい姿をしています。
作り方は、いつも通りの桧材を骨組みにして、エコーモデルのSTウッドで下見板を表現しています。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ