2010/3/22

沼尻 ボハ7 その5  沼尻鉄道

なかなか工作がはかどりませんが、ボハ7の屋根を製作しました。
4mm厚のバルサが材料です。
形を整えた後、サーフェーサーをたっぷりと吹き、ペーパーで表面をならします。
最後に、ルーフィングサンドを撒いて、ジャーマングレイで塗装しました。

クリックすると元のサイズで表示します

車体に乗せてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

プラ板で渡り板も製作。塗装後に接着する予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、未塗装状態の完成です。
いよいよ次は塗装です。

ボハ7の完成がまだですが、同時進行で次回製作予定のある車両の設計を進めています。

クリックすると元のサイズで表示します

ぼかしているけど、わかっちゃうかな...(^^ゞ
0



2010/3/26  22:34

投稿者:ウエハラ

カワイさん

この客車はもともとダブルルーフだったようで、他の客車よりも深い屋根が特徴です。

akinoriさん

プラ板だとペーパーよりも比較的平面が出しやすいように思います。今はプラ板での製作がお気に入り。(^^♪

さて、次の作品は...来月オープンにしますので、お楽しみに。

2010/3/24  23:56

投稿者:akinori

毎度、やはりお見事ですねぇ。
直線・平行・直角の追求が大事ですね。ワタクシはとにかくハコモノが苦手です…。

んで、このモザイク画像は例のギアードロコですね。コレは大注目です!

2010/3/23  6:13

投稿者:カワイ

屋根の丸みが、流石に好いですね!
次の大物で予想できましたが、
シェ○?もしかしてクライ○○○○???

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ