2010/5/9

北恵那 デ2(ナロー版) その4  北恵那鉄道

屋根板を作りました。
材料は、t4のバルサです。
今回からミニサイズのカンナで削り出しています。
カッターナイフよりも効率的に加工ができました。
大まかにカンナで削った後は、紙やすりで成形しています。

クリックすると元のサイズで表示します

削った後の屋根板に木工用のパテで木目を埋め、サーフェーサーを吹いた後、ペーパーで表面を整えました。
車体には、φ0.3の燐青銅線で手すりを作り、ドア下にステップも取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、今週末の工作はお終いです。
次は屋根周りの工作です。
1



2010/5/13  22:31

投稿者:くるまや

ウエハラさん
t0.3、ありがとうございました。
これでも、私にとっては窓抜きは難しいです。

2010/5/12  20:00

投稿者:ウエハラ

くるまやさん

コメントありがとうございます。
車体で使っているプラ板は、t0.3です。
薄いのですが、複数枚重ねているので、かなりの強度が得られますよ。切り抜きも楽ですし、お勧めです。

2010/5/9  20:49

投稿者:くるまや

ウエハラさん
さすが手馴れた作業です。
こんな風に出来ていくと、キットを組み立てるより
面白そうに感じますが、実際には中々手がけられません。屋根の仕上げ方法、勉強させてもらいます。
ところで基本的な部分で質問です。車体に使われているプラ板の厚みは何mmのものですか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ