2005/10/16

百間町風駅舎  

新しいモジュール用の駅舎の製作を始めました。モチーフとなっているのは、頸城鉄道の百間町駅です。そのままのスケールですと、モジュールに入りきらないので、かなり縮めています。
今回、外壁に1mm厚のスチレンボードを使用してみました。白壁の部分はスチレンボードに貼られているケント紙をそのまま利用しています。窓を抜いて、その切り口を茶色に塗り、柱を表現する部分はSTウッドを1.5mm幅に切って、ステインで染めた後、貼り付けてあります。
今日半日の工作で下のような状態まできました。駅舎内部も作りこもうと思ってますので、完成まではまだまだかかりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ