2010/8/11

庄内交通 モハ3 その4  庄内交通

毎日の暑さで、ペースが上がりません。

箱になった車体に、シル、ヘッダーを付けます。
材料はt0.3のプラ板です。ヘッダーは幅0.7mm、シルは1mm幅です。
雨どいも同じく0.7mm幅を付けた後、t0.14のプラシートを0.4mm幅に切り出したものを貼り重ね、2段を表現してあります。
前面のワイパー及び票差しはエコーのエッチングパーツを使用しています。

クリックすると元のサイズで表示します

手すりはφ0.3mmの真鍮線、縦どいはφ0.5mmの真鍮線の先を潰し、0.5mmの真鍮帯板を割りピンにして、車体に接着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根板は、t4のバルサを使用。形を整えた後、サーフェーサーを厚めに吹き、乾燥後に木工パテを指でこすりつけるようにして薄く塗り、ペーパーで表面を整えました。
ついでに、EF65をバラし、下回りとして車体と合わせてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

EF65の動力ユニットはピッタリでしたが、前後端のダイキャストブロックを少し削らないとカプラーなどの取り付けができそうもありません。
ここは工作が難儀しそうです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ