2011/6/26

PU101改良キット  模型

先日、今野さんが作られた動力ユニットPU101の改良キットを入手しました。

クリックすると元のサイズで表示します

どのカマに組み込もうか悩みましたが、オーソドックスに亀の子にしました。
私の持っている亀の子は乗工社の初期のもので、以前IMONモーターに改良を施しました。
走りは、スムーズでしたが、下回りはエコノミーキットの特徴であるプラロッドが玉に傷。

クリックすると元のサイズで表示します

キット付属の説明書に沿って、ストレートに部品を組み立てていきます。
大きな調整もせずとも、きちんと加工をすれば、ピタリと合うのはさすがです。

クリックすると元のサイズで表示します

シリンダーをフラットブラックで塗装した後、組んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します

下回りが断然しまって見えます。プラ輪芯も気になりません。(^^ゞ
走りは、前進はとてもスムーズに走るのですが、後進が若干ぎくしゃくしてしまいました。
どこが引っ掛かっているのかわからず仕舞い。まあ、後進させることもないので、これで良しとしましょう!
スタイルも良くなって、ますますお気に入りの1台となりました!
0



2011/6/29  21:33

投稿者:ウエハラ

コンさん

コメントありがとうございます。動きの悪さの一つの要因は、ギヤのバックラッシュが大きいことと思われます。
せっかくロッド穴の位相を合わせて組み込んでも、少し動かすとすぐにずれて、メインロッドの長穴にロッドピンが突っ張ってしまいます。
もともとロッドを動かす機構ではないので、仕方ないかもしれません。
あるいは、もう少し長穴を広げられれば、回避できそうな気もしますので、今度トライしてますね。

http://wind.ap.teacup.com/uemac/

2011/6/28  0:22

投稿者:コン

見事に組んでいただき、ありがとうございます。前後進で安定さが異なるのは、この動力装置の限界と思います。既に何人かの方が組まれて、大きな問題が無い事に安堵しています。弁室の低いのが欲しいと言う要望もあり、現在生産中です。また、この改良キットは光速で完売してしまいましたので、限定を解除して再生産することとしました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ