2011/9/10

宙玉レンズ  カメラ・機材

今日は軽便祭に向けたKBMCの接続会が行われているのですが、所用があり参加出来ませんでした。
合間をぬって、簡単な工作を行いました。Twitterでも紹介したのですが、先週行われたARTALK2で面白いレンズで撮影された写真が目につきました。上原ゼンジさんが製作された「宙玉レンズ」というものです。

カメラのレンズの前に透明な球を置き、そこにピントを合わせると、まるで小さな世界が宙に浮いているような写真が撮れるんです。
ARTALK2の会場で上原ゼンジさんから直接作り方を教わり、早速、東急ハンズでアクリル球を買ってきました。

材料は、
 @φ10mmのアクリル球
 Aフィルムケース
 Bt0.4の透明プラ板
 Ct0.3のプラ板
 Dイザワオプト KSW-2
です。

まず、鏡筒部分ですが、フィルムケースを30mmの長さに切断します。底の部分にφ20の穴を開けます。そこに、φ16の穴を開けたt0.3のプラ板を接着します。
フィルムケースのキャップも外周を残して、真ん中をくり抜き、中央にφ6の穴を開けたt0.4の透明プラ板を接着。最後に、アクリル球を接着します。フィルムケースの外周には飾りとして、黒色の紙を貼ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します

KSW-2を分解し、マクロレンズ部分(小さい方のレンズ)のみを使用します。

クリックすると元のサイズで表示します

フィルムケースの鏡筒の内側からレンズを入れ、クリップでt0.3のプラ板を挟むように、固定します。
クリップを外せば、簡単にレンズの着脱が可能です。

クリックすると元のサイズで表示します

鏡筒先端に宙玉レンズをはめれば完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

完成した宙玉レンズをiPhoneに装着してみると、こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

サイズを大きくすれば、コンデジやデジ一用も製作可能ですが、気軽に遊びの写真が撮影出来るiPhoneの方が適していると思います。

ちなみに、撮影した画像はこんな感じになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
※レンズの特性上、天地が逆に撮影されます。この写真は、Photoshopで画像を180度回転しています。

風景よりは、花などマクロ的な画像に向いていると思いますが、いろいろと試してみたいですね!
2



2011/10/15  23:05

投稿者:natsuno

返信ありがとうございます!
やはりサークルカッターは必須なんですね。
なかなか敷居が高そうです…。
が、近日中に東急ハンズへ行って検討したいと思います。

2011/10/15  18:56

投稿者:ウエハラ

natsunoさん

コメントありがとうございます。
工具はサークルカッターやドリルがあると便利です。
接着剤は、アクリル球の接着に木工用ボンド、後は、透明のゴム系接着剤を使っています。瞬間接着剤のように白化する接着剤は、透明度が落ちますので、使用していません。木工用ボンドは、強度があまりありませんので、取り扱いには注意が必要です。透明板をアクリル板にすれば、アクリル接着剤を使用できますので、参考にしてください。

2011/10/15  0:12

投稿者:natsuno

宙玉 iphone で検索してきました。
作り方が分かりやすくて助かります。
私も作ってみたいのですが、工具・接着剤は
どういったものをお使いでしょうか?
よろしければ教えてください。

2011/9/13  18:41

投稿者:ウエハラ

tototoさん

現実離れした不思議な写真が撮れるので、楽しいですよ。難しい工作ではないので、ぜひトライしてみてください。

2011/9/12  22:54

投稿者:tototo

面白そうです。
つくって見ようかと思っています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ