2012/1/22

クモハ12053 その12  旧型国電

昨日の続きのエアータンク製作から。
材料はφ5のプラ棒を細くやすってφ4とし、t1プラ板を細く切ったもので支柱を作って固定します。
φ0.3真鍮線で吊金具も表現してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

床板に接着して、こんな感じになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

配管はブレーキシリンダーを取り付けてからとなります。
次に、釣り合い空気溜の製作です。
材料は、φ3のプラ棒です。形を整えてから、t1プラ板で支えを作り、φ0.3真鍮線で吊金具とするところは、他のエアータンクと一緒です。前後の配管は、φ0.4の真鍮線です。

クリックすると元のサイズで表示します

これを乗務員ドア下に接着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

今週の工作はここまで。とりあえず、ここまでの状態の全体はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

エアータンク部分のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します

自作した甲斐あって、それらしく出来ました〜!
1



2012/1/28  17:37

投稿者:ウエハラ

カワイさん

エアータンクは材料が太かったので、コレットチャックにくわえられず、手で加工しました。ヤスリとペーパーでかなりの時間がかかってしまいました。

塚森鉄道社長さん

ディティールを凝りすぎると疲れます。のんびりと楽しみながらが完成までこぎ着けるポイントかもしれません。

2012/1/22  21:50

投稿者:塚森鉄道社長

うぅーん、ディティールが濃い・・・
やられそうですぅ〜・・・
完成が楽しみです。

http://blog.goo.ne.jp/20434550

2012/1/22  18:57

投稿者:カワイ

エアータンク!端面加工が素晴らしいですね。
レース、鑢、ペーパー?でしょうか。
エアータンクはモチロンですが、
あらためて、真鍮線の手すりの美しさにも、
目を奪われました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ