2013/3/31

鹿島参宮キハ201 その5  模型

屋根表面を整えながら、次に進めました。

まずは、ドアを台紙から切り抜き、両面にサーフェーサーを吹き付けた後、貼り合わせます。

クリックすると元のサイズで表示します

これを車体に接着します。
次に、シル、ヘッダー及び雨樋を接着します。
シルは千鳥配置のリベットなのですが、あえて平行2列配置のものとしました。
ヘッダー共にエコーモデル製です。ドアヘッダーもエコーモデル製でキハ40000同様に切断して幅の調整を行ってます。
雨樋は、側面は台紙の貼り重ね用のものをベースにし、前面及び2段表現用はt0.2のプラ板を使用してます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでの全景です。

クリックすると元のサイズで表示します

前面部分のアップはこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

実車のイメージが少しずつ見えてきました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ