2013/4/14

鹿島参宮キハ201 その8  模型

台車の製作に取りかかりました。

まずは、標準的なTR-27タイプの方から。
こちらはキハ40000で使用したモデルワーゲン製のものをコピーして製作しました。
軸受け部はt1.5のプラ板、それ以外はt0.5のプラ板を幅1.5mmにカットしたもので外形としています。
軸受けの蓋はφ2のプラ棒の先端を丸く整形したものを使用。
補強の梁はt0.3のプラ板、ボルトはプラ棒引き延ばしを細かくカットして接着してあります。
軸受けのバネはφ0.3の真鍮線をφ1のプラ棒に巻き付けて、それらしく作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ボルスタ部分はt1のプラ板でしっかりと作ってあります。
補強も入れてありますので、それなりの強度が保てたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

裏面です。

クリックすると元のサイズで表示します

車輪は仮に手持ちのものを入れてあります。
この状態で車体を乗せてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

それらしい形にできました。
キハ40000のロスト製に見劣りしない程度にはなりました。
次は、もう片方の偏心台車の製作に取りかかります。
2



2013/4/16  20:25

投稿者:ウエハラ

雀坊さん

市販の使える台車が無いので、作例を参考に自作してみました。作りやすい形ですので、なんとか出来ましたが、やはり手間がかかりますね〜。笑

2013/4/14  18:48

投稿者:雀坊。

うわー、菱形台車も自作ですか!これは凄い!!
真似できないです。物凄く時間かかりそう・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ