2014/5/24

別府鉄道ハフ6 その3  模型

先週、組立の途中までいったところで窓配置にエラーがあろことに気づき、修正版を送ってもらったので、
今週は窓抜きからやり直ししました。
今回は、窓抜きの債にカッティングマットではなく、M氏の真似てガラス板を使ってみました。
カエリが少なくキレイに切り抜けたのですが、やはりカッターの刃の消費が激しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

切り抜いた後、側板を順番に貼付けていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

今度はミス無くきっちりとできました。次はいよいよ箱にしていきます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ