2014/12/23

仙北鉄道 DC103 その2  模型

年末は色々な用事があって、なかなか机に向える時間が取れませんが、今日は久しぶりに工作を行いました。
前回の続きで、上回りの工作のしどころであるボンネット作りです。

まずは、長い方のボンネットからです。
説明書に従って、パーツを切り出し、予め成形しておきます。
それを順番や方向を間違えないように注意しながら半田で組んでいきます。
ところが今日はどうも気分的に落ち着きがなく手元が安定しません。
組み上がって角のRを削っているときに落下し、さらにそれを取ろうとした際に椅子のキャスターでひいてしまうという事故が発生。何とか、形を戻しましたが、一瞬血の気が引きました。
点検扉も方向を注意しながら作業したのですが、向きを間違えて2度つけなおしたりで...笑
そんなバタバタな工作ながら、今日の成果はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

短い方のボンネットです。

クリックすると元のサイズで表示します

点検扉のハンドルが付いていませんが、後ほどつける予定です。
とりあえず、キャブと合わせてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側です。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛らしい形が見えてきました。
あと三日で仕事納めですので、この先は年末ゆっくり工作したいと思います。
1



2014/12/29  16:24

投稿者:ウエハラ

村上さん

ブログにはあまり書いていませんが、結構いろんなことをヤっちゃってます。作り直すこともせずにいかにごまかすか...で苦労してます。笑

2014/12/23  21:53

投稿者:村上

ほー。。UEHARAさんでも、そんな事やっちゃってるんですね。凄く安心しましたが、その後のリカバリが美しいです。真似できません。
また、いろいろ教えて下さい。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ