2014/12/29

仙北鉄道 DC103 その3  模型

年末の大掃除も一段落したし、天気もイマイチなので、今日は1日のんびりと工作してました。
DC103の続きは下回りにかかりました。
まずは、床板や排障器、カプラー台などを切り出して折り曲げハンダ付けしていきます。
大まかに形になったところで掴み棒や銘板など細かいパーツもハンダ付けします。
エアータンクはW工芸から入手したものを半分に切断してエッチングパーツに瞬間接着剤で固定しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでで上回りと合わせてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか良い形になってきました。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ