2014/12/30

みにちゅあーとmini トラム  模型

仙北のDCを作りながら、昨日の午後から気分転換にペーパークラフトのトラムを作ってみました。
物はさんけいの「みにちゅあーとmini  【トラムとのりば】」です。
先日ネットを検索していたら、その可愛らしい姿を発見して一目惚れ。
デザインと監修はあのOMORO DESIGNの諸星さんとあって、その世界観が凝縮しています。
早速、ネットでポチって届いたのは仙北を手がける直前でした。くだんの仙北がある程度形となってきたので、浮気心を抑えることができず、着手してしまった次第です。

まず、中身は、5cm角の小さな箱にそれぞれの色そ活かしたペーパーにレーザーカットが施されています。


クリックすると元のサイズで表示します

トラムと待合室がセットになっていますが、まずはトラムから組み立てました。

側板と内張を切り出します。

クリックすると元のサイズで表示します

今回、スペインのトラムをイメージして、若干窓枠などを好みに合わせていじりました。
それぞれ貼り合わせ、前面はカッターの柄を使って丸く癖をつけておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ナンバーと台車枠も側板に貼り付け、屋根の骨組みもペーパー製でこちらも組み立てます。

クリックすると元のサイズで表示します

これらを貼り合わせ、屋根も貼っていきます。
乾燥後、屋根に軽くペーパーをかけてからスウェード調スプレーで仕上げ、車体には半光沢のスプレーを吹いておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで昨日の役2時間ほどの工作で終了。今日は細かい部品の取り付けと仕上げです。
行き先表示板は台車枠のあまりの神から四角い箱を組み、Photoshopで作成した行き先を入れました。
スペイン語で「Por ahí」といれましたが、これは日本語の「あっち」...笑
前面のヘッドライトはプラ部品のバーニヤを黒く塗ったものに、レンズを入れました。
屋根の渡板は1.5mmかさ上げして取り付け、TOMIXのPS13をグレイに塗って取り付けました。
下回りも若干部品と追加。動力ユニットはKATOのポートラムをおごりました。
軸間が合っていませんが、まあおもちゃのようなものですので、細かいことは気にしません。笑
途中の写真を撮っていませんので、完成した姿をお見せします。

クリックすると元のサイズで表示します

前面です。

クリックすると元のサイズで表示します

側面から...

クリックすると元のサイズで表示します

床板はt0.5のプラ板をフラットブラックに塗って取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

休み中に付属の待合室も組み立てようかと思います。
それと、この可愛い車両を走らせていたら、このシリーズの建物を使ってパイクを作ってみようかと思い始めました。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ