2015/1/4

仙北鉄道 DC103 その4  模型

新年あけましておめでとうございます。
今年もマイペースでのんびりと工作の記事をエントリーしていきたいと思いますので、宜しくお願いします。

さて、新年の工作初めは仙北の続きです。
キャブのディティールアップを行いました。
側面の手すり及び縦樋はφ0.3の真鍮線、ドアの把手はφ0.25の燐青銅線を使用しました。
ちなみに縦樋はエッチング製の割りピンを使って固定してあります。
ワイパーは板付属のものをそのまま使用しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでの全景です。

クリックすると元のサイズで表示します

ボンネットの点検扉の把手を付ければ上回りは完成となります。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ