2015/7/5

別府鉄道 キハ2 その10  模型

前回のエントリーから3週間くらい空いてしまいました。
今週末は土日とも梅雨らしい雨となりましたので、のんびりと工作に専念できました。

まずは、動力側の台車の組み立てからです。
動力ユニットはIMONギヤを使用しますので、軸間をつなぐシャフトを逃げながらボルスタを製作。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、排障器です。
材料は、1x1mmのプラ角棒と1x2x1のプラチャンネル材です。
実車の写真を見ながら、それらしく作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

片側の荷台に収納箱があります。
これはt0.5と0.3のプラ板で製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

それを荷台の下側に接着します。
荷台及び客ドア下の足掛けステップはt0.3のプラ板から製作してあります。
カプラー開放テコは、ベースをt0.3のプラ板、テコはφ0.3の燐青銅線です。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側の荷台下側です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでの姿はこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく足回りがついて、それらしい姿になってきました。
エンジンとモーターを調達して、完成に持っていきたいと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ