2016/6/5

鶴見線 クモハ11400+クハ16400 その5  模型

動力側台車の仕上げです。
ブレーキシューをペーパーシートから切り抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

それをタミヤセメントで順番に接着します。

クリックすると元のサイズで表示します

ペーパー製ですが、貼り重ねているので、厚みもありしっかりとして立体感のあるブレーキシューができました。
それを台車の端梁に固定します。引き棒はφ0.3の燐青銅線としました。
で、できあがった動力側台車です。

クリックすると元のサイズで表示します

やや正面側からのカットです。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか雰囲気のある台車に仕上がりました。
次週は、非動力側台車の組み立てです。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ