2016/6/26

鶴見線 クモハ11400+クハ16400 その8  模型

車体の製作にかかります。

まずは、前後の妻板から。
ペーパーシートに従い、切り抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

リベットがほとんどないので、気が楽です。笑
切り抜いた後、順番に貼り合わせていきます。
乾燥を待つ間、連結面のプレスドアを切り抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

Hゴムがとても細いので、切れてしまわないように注意します。
前面扉も切り抜いて、共に貼り合わせていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

運転台上の通風孔も製作します。
材料はt0.2にプラシートです。
図面を参考に所定の寸法に切り出し、下見板の要領で貼り合わせていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

前面が固着したところで、隅を曲げます。
扉は仮止めですが、通風孔は接着し、こんな感じになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

実車のイメージをよく掴んでいると思います。
次回は側面の製作です。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ