にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2022/1/23  梅に雪  漢詩

早咲きの梅が大分開き始めた時に降る雪、これは風情が有りますね。

本当に風情のあるのは「百花に先駆けてひっそり咲く梅に小雪が舞う風景」ですが

小雪が舞うには気温が5度以下に下がってこないと降りませんので、

日中が10度前後の日は、このようなチャンスが有りませんが、何度かは

関東でも白梅に小雪が舞う日が過去にはありました。

先日、の5日に昭和の森公園の梅林を散策した時に紅梅が咲き始めていましたが

翌日の6日には関東に降った雪が結構積り、紅梅にも雪が降り積もったようです。

なかなかに風情のあるものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
 
(写真は5日の昭和の森公園の紅梅)

中国の南宋の時代(鎌倉時代頃)の詩人「方岳」は「雪梅」と題する詩を

作り、梅と雪と詩が出来て、春を最も感じさせるものと言っている。

  雪梅  方岳

 梅有りて雪無ければ 精神ならず

 雪有り詩無ければ 人を俗了す

 薄暮詩成って 天又雪ふる

 梅と併せて 十分の春を為す


詩意 梅が咲いていても雪が降っていないと風景が生き生きとしたものにはならない。

雪が有っても詩心が起きないようでは、せっかくの風景も平凡なものになってしまう。

夕暮れ時、詩が出来上がり、雪が降ってきた。梅と雪と詩を合わせて春の情趣を

十分に味わえるものである

           クリックすると元のサイズで表示します

(写真は上野公園の東照宮牡丹園に雪の降った数年前のものです)

タグ: 雪梅

2022/1/21  料峭の海を見渡す丘低し  日記

昭和の森公園の蝋梅が良き香りを放ち咲き誇って居ます。

僅かに標高100メートル程の低い丘ですから

九十九里浜まで良く見えます❗️

クリックすると元のサイズで表示します

蝋梅が良き香りを放ち咲き誇って居ます。

白梅も開き始め、紅梅も大分開いてきました❗️

まだまだ風は冷たいのですが、十分の春ですね❗️

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2022/1/19  捲土重来(けんどちょうらい)  漢詩

クリックすると元のサイズで表示します


項羽が烏江で自害した紀元前200年から1000年以上の後、この地を訪れた

杜牧が次のような詩を残した。


烏江亭に題す  杜牧

勝敗は兵家も事期せず

羞を包み恥を忍ぶは 是れ男児

江東の子弟 才俊多し

捲土重来 未だ知るべからず


口語訳

勝敗は兵法家でさえも予測はつかないものだ。

羞を包み、恥を忍ぶ、これでこそ男子といえる。

江東の若者には、すぐれた人物が多い。

捲土重来していたら、結果はどうなっていたか分からない。

註:

江東(=江南地方)は項羽の出身地

卷=捲、したがって、「捲土重来」=「卷土重来」

「重来」(ちょうらい)・・・砂塵を巻き起こす勢い
         
          クリックすると元のサイズで表示します

杜牧:晩唐の詩人、八○三年(貞元十九年)〜八五二年(大中六年)。字は牧之。

京兆萬年(現・陝西省西安)の人。進士になった後、中書舍人となる。

杜甫を「老杜」と呼び,杜牧を「小杜」ともいう。

クリックすると元のサイズで表示します

最近は項羽の没した烏江の地で作詞した杜牧の「烏江亭に題す」

好んで吟じている。

「捲土重来」はこの「烏江亭に題す」よりの語源と言われているようです。

2022/1/9  野菜苗雪に埋もれてしまひけり  日記

畑の霜除け用のネットに積もった雪がなかなか溶けず

スコップと手で凍った雪を除けての一仕事です。

まさか家根の雪下ろしならぬ畑のネットの雪下ろしになるとはね❗️

昨日は大網と土気の教室での教室が始まりました。

今年の初吟会です。

二週間程間が空いていたこともあり、気合いの入った熱吟が続きました。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 畑のネット

2022/1/7  雪晴れや梢の雪の雪崩けり  日記

昨日の雪が沢山残っていますが、これから7度以上に気温が上がるので

融けてしまうでしょうが、道はアイスバーンです❗️

勿論車は出せないので、融けるまては雪見ですね❗️

まあ昼酒とはゆきませんが、お茶を飲みながら雪見も良いものです

上野の牡丹苑に 出かけて見たいけどね。

古寺訪梅、雪梅の漢詩を吟じて気分に浸ろうかな。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します


    古寺訪売梅 渡辺吟神

梅有りて鳥影無く人絶えて山門あり

独り春意を尋ねんと欲すれば飄飄として暮雪翻る


詩のこころ・・日本吟道学院の2代目総裁の渡辺吟神先生が昭和27年3月に京都東山の

東福寺を訪ねた時の作です。虚無僧の行き来も絶えて人影の全くない山門、

静けさの極み、寂しさの極みに呆然と立ち尽くす作者がふと書き記したものでした。

2022/1/6  初雪やみるみる畑に積もりたり  日記

午後から降り始めた雪がみるみる間に芝生を畑に

積もりました。

毎年2、3回は雪が降るのですが、アット言う間に積もりました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は梅日和だったのにね❗️

又コロナの感染者が急増中で心配ですね。

大網白里市も3ヶ月間もゼロックスが続きましたが、

昨日一名出てしまいました。
タグ: 初雪

2022/1/5  寒紅梅五日の空を明るくせり  日記

隣町の昭和の森公園の紅梅が大分開いてきました❗️

争わずまた努めずの寒梅の精神ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

マグロの初競りで1688万で落札したのが、二社の内のひとつが

銀座の「おのでらグループ」とテレビで報道していましたが、

残念ながら全く関係がありませんでしたね。


2022/1/4  沖晴れて風の冷たき四日かな  日記

九十九里も水平線の良く晴れた冬晴れの日和てす。

太東崎灯台、飯綱寺と海沿いをドライブです。

四日ともなると浜辺もお寺も人出もまばら。

良いドライブ日和でした❗️

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2022/1/1  寄する波常に新し初景色  日記

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

九十九里は風は冷たいけど水平線の良く晴れた穏やかな元旦です。

大網白里海岸の元旦祭りや大篝火は2年続けて中止ですが、

寄せる波は常に新しく静かです。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

我が家のお雑煮は岩手風の野菜を沢山入れた雑煮です。

九十九里地方のお雑煮はハバ海苔と鶏肉のシンプルなものだそうですが、

27年住んでいてまだ食べたことがない。

クリックすると元のサイズで表示します

2021/12/30  先駈けて寒紅梅の開きけり  日記

暖かな日和に足を伸ばして千葉市の昭和の森公園の梅林を散策

早くも紅梅が開いていました❗️

それにしても早いね❗️

クリックすると元のサイズで表示します

2021/12/26  ばんや  日記

社会人一年生の孫二人が週末泊まりに来てくれて持ち込みのお寿司と肉、ワインをご馳走になり

嬉しい一夜に話も弾みました❗️今日は九十九里浜の[ばんや]でランチです。

名物の天丼を二人に食べて貰いました❗️

さすがに若者は完食ですね❗️

年寄り二人はパスタですね。

ゴルフ練習場で打ち込みして、孫たちとのラウンドが楽しみですね。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: ばんや

2021/12/22  群るること楽し枯田の群れ雀  日記

数え日となって来ました❗️

気温が上がってきて散歩日和ですね❗️

昨日は幕張の今年最後の詩吟教室と忘年会で昼酒をたらふく呑み、

今日は春日部の今年最後の詩吟教室ですが、今日の飲み会は控えよう!

週末の東金と土気教室で吟じ納めです。

コロナの緊急事態下以外では何処の教室も恙無く開催できて幸いでした。

残念なことは、最長老の吟友を見送ったことです❗️

北海道釧路で40年余り詩吟をされて、80歳台で息子さんの住む九十九里へ来て

10年程我々とご一緒したのですが、50年の詩吟人生を94歳を一期として

天寿を全うされました❗️

まさに生涯の永遠の継続はその人の歴史であったことを

我々に教えて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

2021/12/15  煤払ひ僧の読経に気魄あり  

太東崎灯台の麓にある天狗のお寺として知られる

[飯綱寺]の恒例の煤払いに出掛けましたた。

住職の読経と護摩を炊くなか、火防、盗賊除けの

お札を頂いて来ました❗️

恒例の稚児さん行列はコロナで中止となったのは残念でした❗️

住職の読経を聞いて引き締まる思いでした。


房総半島の中ほどの大多足を伸ばし、大多喜城で暫し本田忠勝の時代に思いを馳せる

クリックすると元のサイズで表示します

2021/12/14  冬の虹世の憂きごとを払ひけり  日記

房総半島中程の内房鋸南町の水仙ロードへ、

寒かったけど、カミさんと里帰りの娘の三人で里山歩きです。

帰りは雨になりましたが、自宅近くで綺麗な虹がでていました。

天に180度の見事なものでした。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 冬の虹

2021/12/10  (黄落やひねもす眺め吹かれたり  

今日満75歳の誕生日を迎えました❗️

父親の寿命が57歳だったことから、父親の寿命を越すことが気になった半生でしたが

既に18年も越えることが出来ました❗️

今日はカミさんがゴルフのセッティングをしてくれて、75歳の誕生日ゴルフでした。

昔は歩いて回ったものですが、かートに乗りながら一万歩あまりですが、

健康寿命を伸ばす良い運動です。

千葉県では紅葉はしませんが黄落の木々を眺め吹かれながら良い一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ