にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
綸言汗の如し(りんげんあせのごとし)  

綸言汗の如し」(りんげんあせのごとし)と言う故事が、

「沖縄の人はゆすりの名人」と侮蔑的発言をした米国要人を指して使われている

渦中のメア国務省日本部長が更迭されたが・・・・・。

もっと糾弾されてしかるべき政治家が日本には居るんだけどね・・・。

綸言とは君主の言葉で

汗は一度出ると二度と体内に戻せないように、君主が一度口にした言葉は訂正したり、

取り消したりすることは出来ないということ。

「綸言」は、天子のことばのことで、中国の礼記(らいき)緇衣(いし)篇に

「王の言は糸の如くなれば、其の出づるや綸(組み糸)の如し」と見えている。

すなわち、王のことばは初めにはひと筋の糸のような軽いものが、

しだいに組みひものような重みをもつようになると語っている。

これが「綸言」の由来であり、古来この古事は歴史のあらゆるところで言われてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

会社で言えば社長の一言であろうし

家庭で言えば家長のひとことであろうか

国で言えば総理の一言であろうか

それにしても思いつきと権力維持を目的で言う管さんは

こんな故事は知らないだろうな・・・・。

           クリックすると元のサイズで表示します


例のプロ野球の開幕はセ・リーグとパ・リーグの同時開幕を決定したそうだ

ナベツネさんの意向が排除された。

この際、讀賣新聞、ナベツネさんの意向に従うことが世論の大きな流れと

遊離していることを示したことなのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

  * 春月や万葉人のやうに座す
タグ: 綸言



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ