にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
温め酒応召三度を語りけり  エッセイ

95歳の義父のお気に入りのテレビは「大岡越前」や「水戸黄門」などの

勧善懲悪ものや動物ドキュメンタリー、日曜午前中のNHKの再放送番組「おしん」を

楽しみにしている。

今朝方も一時間半の「おしん」に見入っていた。

三度の応召で満州国境に出征した義父の思い出が、このドラマの時代背景に

共有するものがあるようだ。

我が家の今にも70年前の軍隊時代の陸軍伍長の若き義父の写真を置いてある。

クリックすると元のサイズで表示します

最近は週に二度出かける「デイサービス」に行くのを楽しみにしているようだ。

そこで、歌を歌うのを楽しみにしているようだ、

歌は自己流でどちらかというと音痴なのだが、意に介さないようだ。

持ち歌は「倒れちゃならない祖国に土に辿り着くまでその日まで・・・」の

歌詞がある「異国の丘」や当時の軍歌や芸者ワルツなどが持ち歌だ・・。

80余年を生まれ育った岩手から九十九里に移り住んで2年ちかくになるが、

いつも望郷の念が強く、生まれ育った地で最後を迎えたいと思うのが

いつも気持ちの奥にあるようだが、足が衰えて遠路の移動が難しく、

まして一人暮らすことの出来ない立場での苦悩が95歳の達人にあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

最近はたまに飲む、お猪口一杯のお酒で真っ赤になってしまうが、

そんな達人の背中を見ながら、人の一生について思うこの頃です。

「異国の丘」吉田正の歌↓




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ