にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
消費税の値上げでどうなる?宝飾品価格  仕事

消費税の値上げでどうなる?宝飾品価格


来年の4月から消費税が8%に値上がりになります。

郵便切手も値上げ幅が公表されましたが、今までの5%から8%への3%分が

単純に高くなってしまうのですが、

消費者が値上げ分を認めてくれないもの所謂敬遠されるものは

販売業者が値段を据え置きして、メ−カ−ないしは販売業者が利益を削るようになります。

宝飾品も消費税の上昇分は上乗せしたいのですが、さて、それはどうでしょうか?

お客様に敬遠されるよりは、身を削っても経営努力によって据え置き、

もしくは更なる価格競争による値下げという事もありうるかもしれません。

矢野経済研究所によると、国内の宝飾品市場は、バブル期の平成3年がピ−クで、

当時は年3兆円超だったが、バブル崩壊に伴い、右肩下がりで冷え込み、

平成11年には半減(1.5兆円)。

平成20年のリ−マン・ショックの翌年からは1兆円をさらに下回り、

東日本大震災が起きた23年は8945億円まで落ち込み、昨年は更に落ち込んだが、

最近は百貨店でのブランドジュエリ−や高級時計の好調に底打ち感が出て、

回復基調で平成27年には外国人観光客の増加などもプラスし、

1兆円産業に回復の見通しと見られています。


では消費者が宝飾品、ダイヤモンドジュエリ−を売る場合はどうかというと

買う場合でも売る場合でも従来通りの消費税が掛かりますから、

単純には売値に消費税が入りますから値段が今よりも高くなります。

金」プラチナなどの国際市場価格が毎日建つものは、

ドル建て価格にその日の為替を乗じて、

買う人も、売る人も消費税をプラスすることになりますが、

ジュエリ−の店頭価格は税込で今までと変わらぬ設定で、

業者が身を削るようになるかもしれませんので、

売る場合でも今と相場が変わらなければ、

消費税値上げ後も変わらないということになるのかもしれません。

むしろ注目すべきはドル建て価格の国際相場の行方と為替動向です。

円安になれば高く、円高になれば安くなりますし、中国・アジアの景気動向、

インドルピ−の行方などが相場にインパクトがあります。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ