にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
連騰したNY「金」市場  仕事

NY「金」市場は2月4日の終値1254ドルから9営業日陽線で

昨日(2/17)の引け値は1329ドル、9連騰で75ドル上昇しました。

「金」に対して年初の総弱気から、新興国の通貨不安などで安全資産の「金」に

投資資金が入ってきているようです。

一方アジア・中国の実需の買いは1300ドルを超えて細ってきているようで、

現物の「金」のプレミアムは一時期の1オンス当たり15ドルほど高くなっていましたが、

現在のプレミアムは10ドル以下に下がっているようです 。

「金」ETF最大手のSPDRゴールドシェーズの残高は昨年年初の1350トン近辺から

ひたすら減少傾向を続けて昨年末は798トンで、今年になって780トン近辺で

減少傾向に底打ち感が出て、売りたい投資家は売り切ったような 様子から

2/14現在では801.25トンに若干戻し、投資家心理に変化が見られるようです。

しかしながら9連騰はそろそろの押し目を思わせますが、今夜のNY市場が注目されます。

東京工業品も円高傾向ながらも海外ドル建てに引っ張られて6連騰ですが、

18時現在では4339円。

日銀黒田総裁の金融緩和政策の維持と貸出支援基金の拡充政策に

一時102円73銭までの円安に向いたが

18時現在では102円37銭、GLOVEX先物は1319ドルで若干下げて推移しています。

米金融緩和策の縮小が850億ドルから750億ドル、

そして2月からは650億ドルと減少されてからの市場は


新興国の通貨不安、世界株価の下落と不透明な世界経済の中で「金」が買われたが、

この先まだ買われ続けるのか戻り売りに押されてゆくのかは神のみぞ知る世界です。


クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ