にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
円安傾向と「金」相場の関連  仕事

本日の東京外為市場で一時104円06銭と1月23日以来の円安となった。

昨夜のNY市場では米景気回復を意識したドル買い・円安の流れを引き継いだ形です。

為替市場では明日4日金曜日21時半に(日本時間5日未明)発表される米雇用統計が

良い数字が出て、ドル高に傾き105円台に乗せるのではとの見方が出ているようです。

下の日足チャートも13週移動平均線(102円67銭)、26週移動平均線(101円93銭)をうわぬけ、

kれいな上昇線(円安)を描いています。

東証株価、アジア株式全般の上昇も円安を支援した相乗効果で105円49銭の節目が抜ければ

一段の円安傾向になる可能性がありますが、為替予測は専門家でも殆ど当たりません。

クリックすると元のサイズで表示します

FX取引に参加しているミセスワタナベと称される個人投資家も

円ショート(空売り)を見送っているようです。

さて、為替相場と「金」相場の関連ですが、

円安になれば海外ドル建て価格にその時の円レートを乗じ、

一トロイオンス(海外のドル建て価格)の31.1035 で割るとグラム建て価格の概算が出ますが、

円安になれば当然高くなり、逆に円高になれば輸入価格が安くなるように

「金」のグラム価格も安くなります。

因みに本日16時現在ののドル建て価格1291ドルで、為替が103円92銭とすると、

1291×103.92÷31.1035 =4313円に、これに運賃・送料の2円程度を加算したのが

東京工業品の概算の取引価格となります。

この水準では一円の変動が41円50銭程になり、102円近辺から2円ほど円安になっているので、

ドル建て価格が同じだとすれば、83円ほど円安のお陰で高くなっています。


消費税8%になったことで、売り買いの価格はグラム4300円と仮定すれば

129円高くなったわけで、売る方にとっては手取り額が増えて結構なことですが、

買い手にとってはその分高くなるので、

消費税が上がる3月内に買う人たちが多かった訳です。

業界の最大手の田中貴金属の店頭では3月はいつもの5倍の売上だったそうです。

それだけ資産の一部を「金」に変えようとする人達が3月内に「金」を買ったようです。

本日の弊社店頭ではインゴットを売られるお客様がありましたが、

最近の値上がりの「金」価格に消費税値上がりの3%を加え、

ホクホクとして現金をお持ち帰りになったことは言うまでもありません。

クリックすると元のサイズで表示します




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ