にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
太田道灌蓑を借るの図に題す  エッセイ

楢の新芽が開いてきて、薄緑の葉が日に映え、小鳥が囀る日曜日、

連翹に変わり、山吹の黄色が眩しく咲き誇ってきました。

山吹の頃になると太田道灌の山吹伝説の次の逸話を思い起こす    

   道灌の追憶

江戸城築きし道灌は広野のなかを降る雨に

笠求むれば乙女子がうら恥ずかしく山吹の

みのなきさまを歌に寄せ贈れば心乱れけり

歌詠む道を諭されて文武にたけき人となる


クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

武人として名高い道灌が少女から歌人として目覚めてゆくのですが・・・。

  「七重八重 花は咲けども 山吹の みの一つだに なきぞ悲しき」
古今和歌集のこの歌が江戸城を創ったとされる豪傑太田道灌を変えたのだ。
  
     太田道灌(道灌蓑を借るの図に題す) 作者不詳
  
  孤鞍雨を衝いて 茅茨(ぼうし)を叩く 少女為遣る(おくる)花一枝

  少女言わず花は語らず  英雄の心緒乱れて糸の如し


通訳・・・ 太田道潅はただ一騎狩りへ出たが、折からの雨に、とある「あばら屋」

に立ち寄って蓑(みの)を乞うた。出てきた少女は黙って一枝の山吹を差し出すばかり

さすがの英雄も古歌を知らず、なぞを解きかねて心乱れるばかり。

歌読む道を諭された道潅はその後歌人しても名を残す文武に長けた人となった。

太田道潅・・・室町中期の歌人、上杉定正の家臣、築城・兵馬の法に長じ、

       学問・文事を好んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

        (白山吹)クリックすると元のサイズで表示します

上掲は広く知られた話ですが、後日談では道灌は少女を城にまねき歌の友としたそうで、

少女の名は紅皿として知られており、道灌の死後、紅皿は尼となって大久保に庵を建て、

死後その地に葬られたと言われます。

道灌は主家扇谷家を盛り立て自身の勢力が増したことから、道灌の才能と力を恐れる

主家扇谷家の家臣の諫言で、扇谷定正の糟屋館(神奈川県伊勢原市)に招かれ、

道灌はここで風呂場から出たところで暗殺された。

落語の太田道灌にあるように江戸城を築いた人物ながら、非業の死を遂げた道灌に

判官びいきのような人気が、山吹伝説を世に伝え語られてきたのかもしれない。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ