にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
南ア鉱山ストからプラチナが急上昇・・どうなる今後のプラチナ相場?  仕事

南ア鉱山ストからプラチナが急上昇・・どうなる今後のプラチナ相場?

5月に入ってから昨日までのNY「金」相場は

ウクライナ情勢の緊迫化と中国を始めとする実需の低迷との綱引きで

4月から1283ドルから1305ドルのレンジ相場で、

5/1〜5/14では1283ドルから1305ドルへ約1.7%程の上昇ですが、

南アの鉱山ストが16週目に入ったNYプラチナは1419ドルから1477ドルに約4%の上昇です。

特に、13日は前日比14ドル、14日は同29.ドル高と、

今週に入っ てからプラチナ相場の上昇幅は際立っており、取組高も増えている。

プラチナと「金」の価格の開き(スプレッド)をみても、

4月末時点の1オンス=132ドルに対して、

5月14日には179ドルとプラチナの上昇が目立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

(NYプラチナの日足チャートです)

4月16日にアングロ・アメリカン・プラチナ(アムプラッツ)、

インパラ・プラチナ(インプラッツ)、ロンミンのプラチナ鉱山大手3社は、

鉱山労働者・建設組合(AMCU)に対して、7.5〜 10.0%の賃上げ案を提示したが、

しかし、AMCUが同案の受け入れを拒否したこと で、その後はAMCUとの交渉を打ち切り、

ストに参加している労働者との個別交渉にシフトしていたが、

職場復帰を求めた最初の期限となる昨日の5月14日にどの程度の人数が

職場復帰を希望したかは鉱山会社は明確にしてないが、

不透明なストの行方に供給逼迫懸念から急上昇していたのだが、

今年になって何度か跳ね返された1489ドルの節目を昨日の高値では1491ドルだったが、

終値では1477ドルと超えておらず、ここ数日の動きが注目されています。

トルコの石炭鉱山の事故は悲惨な状況を伝えていますが、

鉱山労働は世界的に劣悪な労働環境と、賃金の低さが問題になっていますが、

南アの鉱山ストが長引いっているのも頷ける気もします。

南アフリカのアブサ・キャピタルの白金上場投資信託(ETF)の

5/8現在で前週比0.12トン増加の031.97を更新。

「金」ETF最大手のSPDRゴールド・シェアーズの残高が4月末の787.19トンから

780.46トンに減少しているのと対照的ですが、

もしも鉱山ストが解決となった場合の反動安は1300ドル台と見込む市場関係者が多いようです。

本日(15日)のプラチナGLOVEX先物は1468ドル(前日終値比9ドル安)、

東京工業品のプラチナは4815円(前日終値比22円高)で推移しています。

プラチナも「金」の売却も思い立った日が吉日ですね。

遠方の方は送料・手数料無料の宅配サービスをお申し付け下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

(東京工業品のプラチナ日足チャートです)














































































コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ