にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
宝船  日記

詩吟清風会の大網界隈の4つの教室が一斉に始まりました。

午前中は東金教室と大網教室を各一時間づつ回り、

午後は土気教室と茂原教室を一時間づつ、

移動時間が各30分位づつですが、いつもは2時間の教室を

一時間づつしか出れませんでしたが、

残りの一時間は教場長さんの指導で各々の初吟会を楽しんで頂きました。

そんな訳で、9時半から4時過ぎまでは詩吟漬けの一日でした。

お正月始めの暦の関係で、こんなことも初めてでしたが、

知り合いで詩吟はやった事がないけど、やってみたい方が居るので

来週から連れてきていいですか?・・・と会員さんから嬉しい報告もあり、

文字通り土曜日は詩吟の日でした。

宝船 藤野君山

寿海波平らかにして紅旭鮮やかなり 遙かに看る宝字錦帆の懸るを

同乘の七福皆笑を含む 知る是金銀珠玉の船


詩の大意・・旭日燦々とした波静かな大海原を大黒天、恵比寿、毘沙門天、 

弁才天、布袋、福禄寿、寿老人の七福神が乗った宝船がやってくる。

みな豊かな安らかな笑いを含み金銀財宝を山積みした宝船が来るという

正月らしい縁起の良い詩です。

詩吟仲間に今年もお互い幸あれと祈る詩でもあります。

タグ: 詩吟清風会



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ