にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
「稲の花瑞穂の国と思ひけり」  日記

昨日は公益社団法人日本吟道学院の千葉・茨城地区の吟詠コンクールでした。

66名が挑戦した吟士権者を目指す熱吟が繰り広げられました。

9名の審査員の公正な審査を経て、15名が10月11日の全国吟詠コンクールの決勝戦に

全国13地区の予選を勝ち上がってきた計108名と共に栄冠を競うことになりました。

本来詩吟は巧拙を競うものではなく、自身の「気を養う」ために健康のために

やっているのですが、近年はレコード会社が主催する詩吟コンクールなどから

のど自慢大会のような一面をも取り混ぜて行うことになりました。

昨日の大会には吾が清風会からも11名が挑戦し、

4名の合格者が10/11に進むことになりましたが、

前日の10/10第6回日本芸能の集い」の大イベントがあるだけに

2日連チャンだけに吟者も大変だ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

近所の青田がいつの間にか穂を付け始めていました。

午前中の短い時間には「稲の花」が籾が開雌しべと雄しべが受粉して

籾がまた閉じるのですが、今年はまだ見ていない。

出勤時間をずらして観察してみなければね・・。

そう言えば、この界隈では毎年八月下旬には稲刈りだものね。

人々のそれぞれの想いとは関わりなく、季節は移ろいで行きますね。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 稲の花



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ