にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
広島原爆記念日に思う  日記

6日の広島原爆記念日はあの日は同じように暑い日です。

8時15分に一分間の黙祷を捧げ、

原爆投下の歴史の事実を改めて思う」。

戦後の教科書では戦争を早く終わらせる為に、原爆を投下し、広島・長崎の尊い犠牲で

多くの国民の命が救われたと、占領軍の教科書で日本国民は洗脳されたが、

最近の米国の公文書の公開によって、この爆弾は戦後を睨んだソビエト共産圏の牽制と

米国の世界戦略のために広島にウラン235型爆弾を、

長崎に更に1.5倍の破壊力を持つプルトニュウム爆弾を

核実験のために既に日本の降伏が時間の問題であったにも関わらず、

非人道的大量殺戮をした・・・というのが歴史の真実でした。

最近はアメリカ国内からもこの真実を直視する人たちも多く、

有名な映画監督もそうした活動を続けている、ドキュメントをみましたが、

当時のソ連をけん制する為に、報復の全く危険の無い日本に原爆実験をしたというのが、

歴史の事実のようですが、戦後70年にその歴史の事実が解明されてきたようです。

広島の平和記念公園には、

「安らかにお眠り下さい。過ちは二度と繰り返しませんから」と刻まれた石碑があります。

これは無差別大量殺戮をし米国からの謝罪の書ではありません。

殺された広島市民に落ち度があって原爆が落とされたのでしょうか?

日本にとっての過ちとは、戦争行為が過ちだったのでしょうか?

英文の説明板によると、「LET ALL THE SOULS HERE REST IN PEACE.

FOR WE SHALL NOT REPEAT THE EVIL」となる。

「過ち」の英訳は「evil」、主語は「すべての人々」を代表して戦争という過ちを

繰り返さないと誓う「We」だ。

そんな中で、集団自衛権の行使を衆議院で可決した安部内閣に対し、

国民の批判が高まり、支持率が30%台に不支持率が50%台になり、

高校生までが安部政治にNOのデモを行い、国民が安部総理を信じなくなってきている。

この秋には政局になるだろう。

広島で被爆した佐々木禎子さん(当時12歳)を詠った「原爆少女の像」の詩を吟じ、

原爆記念日の喪に服することとする。


 原爆少女の像  平池南桑

閃光嫩葉を炮き 紅涙墟中に満つ

白塔千羽の鶴  長鳴す落爆の空


原爆の記録・・昭和20年8月6日いつもの暑い夏が始まろうとしていた

8時過ぎ、空襲警報が解除され、ほっと日常の暮らしにもどる頃、

雲ひとつない青空に飛来したB29一機、8時15分、9600上空からウラン235型

爆弾を投下、それが600M上空に達した時に、大閃光を発して爆発、

一瞬にして広島市の六割を破壊、し、爆心地の500M 以内に居た人々は即死、

広島市の人口35万人のうち9万〜16万6千人が被爆から2〜4カ月以内に死亡し

今なお多くの人が原爆後遺症で苦しんでいる

言葉の通釈

閃光・・・原爆のピカッ  嫩葉(どんよう)・・若い葉

紅涙・・血の涙  墟中に満つ・・廃墟の中に満ちている

落爆の空・・・原爆の落ちた空

白塔・・平和記念公園にある原爆の子の白い塔

クリックすると元のサイズで表示します

この少女、佐々木禎子さん(当時12歳)は、2歳のときに被爆したが、

外傷もなく、その後元気に成長しましたしが、

9年後の小学校6年生の秋(昭和29年)に突然、病のきざしが現れ、

翌年2月に白血病と診断され広島赤十字病院に入院。

回復を願って包み紙などで鶴を折り続けましたが、

8か月の闘病生活の後、昭和30年に亡くなりました。

禎子さんの死をきっかけに、

原爆で亡くなった子どもたちの霊を慰め平和を築くための像をつくろうという運動が始まり、

全国からの募金で平和記念公園内に「原爆の子の像」が完成しました。

その後この話は世界に広がり、

今も「原爆の子の像」には日本国内をはじめ世界各国から折り鶴が捧げられ、

その数は年間約1千万羽にもなると言われています。

              クリックすると元のサイズで表示します

佐々木禎子さんの悲劇を伝え、原爆少女の像として折り紙によって、

今の子供たちにも伝えられるようになったのは、

広島女学院の校務員河本一郎さんでしたが、2001年に他界され、

最近では[貞子さん」を歌い伝えるミュジシャンも出て以下の詩を

詠い伝えているそうです。

「INORI」の歌

別れがくると知っていたけど 本当の気持ち言えなかった

色とりどりの折り鶴たちに こっそり話しかけていました

愛する人たちのやさしさ 見るものすべて愛しかった

もう少しだけでいいから 皆のそばにいさせて下さい

泣いて泣いて泣き疲れて 怖くて怖くて震えてた

祈り祈り祈り続けて 生きたいと思う毎日でした

折り鶴を一羽折るたび 辛さがこみ上げてきました

だけど千羽に届けば 暖かい家にまた戻れる

願いは必ずかなうと 信じて折り続けました

だけど涙が止まらない 近づく別れを肌で 感じていたから

泣いて泣いて泣き疲れて 折り鶴にいつも励まされて

祈り祈り祈り続けて 夢をつなげた毎日でした

別れがきたと感じます だから最後に伝えたい

本当に本当にありがとう 私はずっと幸せでした

泣いて泣いて泣き疲れて 折り鶴にいつも励まされて

祈り祈り祈り続けて 夢をつなげた毎日でした

めぐりめぐり行く季節をこえて 今でも今でも祈ってる

二度と二度と辛い思いは 誰にもしてほしくはない

誰にもしてほしくはない。

高校野球の開会式が始まり、球児の夏の祭典が始まる。

選手宣誓の高校生球児は8月6日に触れ、100年後の話も宣誓文に入れておりました。

この平和な70年を守ってきた先人の智慧を守ってゆかなくてはならない。

憲法9条を守るべきで、

憲法解釈を勝手な詭弁によって米国の軍部の肩代わりをしようとする

安部内閣は退場させるべきだ。

            



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ