にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
山吹伝説  日記

我が家の前庭の楢の木の芽吹きが始まってきました

うす緑の楢の葉がうつむきように少しづつ開いてきました。

また、庭の山吹の花が咲き始めました

この頃になるといつも太田道灌の山吹伝説の逸話を思い起こす 

今週末の各詩吟教室では山吹伝説に纏わる「太田道灌蓑を借るの図に題す」をやろう。   

   道灌の追憶

江戸城築きし道灌は広野のなかを降る雨に

笠求むれば乙女子がうら恥ずかしく山吹の

みのなきさまを歌に寄せ贈れば心乱れけり

歌詠む道を諭されて文武にたけき人となる


クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

「七重八重 花は咲けども 山吹の みの一つだに なきぞ悲しき」

古今和歌集のこの歌が江戸城を創ったとされる豪傑太田道灌を変えたのだ。
  
       

太田道灌(道灌蓑を借るの図に題す) 作者不詳
  
  孤鞍雨を衝いて茅茨を叩く 少女為遣る花一枝

  少女言わず花は語らず 英雄の心緒乱れて糸の如し


クリックすると元のサイズで表示します(白山吹)

              クリックすると元のサイズで表示します

通訳・・・太田道潅はただ一騎狩りへ出たが、折からの雨に、とある「あばら屋」

に立ち寄って蓑(みの)を乞うた。出てきた少女は黙って一枝の山吹を差し出すばかり

さすがの英雄も古歌を知らず、なぞを解きかねて心乱れるばかり。

歌読む道を諭された道潅はその後歌人しても名を残す文武に長けた人となった。

この少女を道灌は後日、城に招き入れ、一緒に歌を詠み暮らしたという。

道灌亡き後に、成人した少女は尼となり、今の新宿辺りに、庵を結び余生を過ごしたという。

その公園がは、都庁近くにあり、太田道灌公園として残っている。

大田道灌の墓、銅像も方々にあり、山吹伝説が広く伝わっているのだが

主君上杉定正の館のある神奈川伊勢原の地で、謀略により暗殺されることとなってしまいます。

こうした道灌の非業の死など道灌贔屓もあったのでしょう。

太田道潅・・・室町中期の歌人、上杉定正の家臣、築城・兵馬の法に長じ、

       学問・文事を好んだ。

清風会の旅行で西熱川温泉に行った折、きしくも宿泊した夜に

太田道灌祭りをやっていた・・。

道灌がこの熱川より江戸城建設のための石垣を組む大きな石を運んだ故事に習い、

みんなでその大きな石を当時のように大勢の人で曳いたものだった。

また、10月後半のこの時期に熱川へ行ってみたいものだ。


タグ: 太田道灌



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ