にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
あじさいの花  日記

半夏雨に紫陽花の美しい季節です 

我が家に庭にも11本の紫陽花が植えてあり、日々色を変えながら楽しませてくれます。

柏葉紫陽花が一番早く咲き、額紫陽花など長く楽しませてくれます

高田敏子さんの作られた「あじさいの花」がこの時期に詩吟教室で好んで詠われます。

    あじさいの花 高田敏子


   あじさいの花は 散ることをしない

   雨の日を 咲きつづけ

   秋風の中を 咲きつづけ

   咲きつづける心を
   
   そのまま残して 枯れてゆく

   散る花より あわれなさびしさ
   
   ひとりの人を
   
   想いつづける心に にている


高田敏子・・・(1914〜1989)東京都出身、日常の生活に根ざしたやさしい詩を

数多く残し、「台所詩人」、「お母さん詩人」とも言われている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%94%B0%E6%95%8F%E5%AD%90_(%E8%A9%A9%E4%BA%BA)

クリックすると元のサイズで表示します

高田敏子さんのこの詩を女性が好んで吟ずる人が多い。

紫陽花は色を代え「美しくなる為の試行錯誤」のように咲き続け

七変化とも言われる。

その姿は少女から大人の女に母親にそして年を重ねて老いて行く

人生にも重ねられるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

花言葉は「移り気」、「謙虚」のほかに「ひたむきな愛情」とあるが

高田敏子さんの詩はこの「ひたむきな愛情」を紫陽花に感じ取っていたのだろう。

この詩は女性吟士の吟詠には聞きほれるものが多い。

クリックすると元のサイズで表示します

 * あぢさゐにひたむきな愛思ひけり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ