にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
春暁(孟浩然)  漢詩

梅も散り始め、河津桜の見頃の暖かな日々です。

気持ちよく眠れる春の朝は鶯の声などで目覚めますが、

孟浩然の詩歌を思い出します。

クリックすると元のサイズで表示します

           クリックすると元のサイズで表示します

春暁(孟浩然)

春眠 暁を覚えず処処 啼鳥を聞く

夜来 風雨の声花落つること 知んぬ多少ぞ



孟浩然 689-740(盛唐)

湖北省襄陽の人。科挙の試験に失敗し、一時は山に隠棲していたが、

40歳の時、長安に出て詩才を認められた。

王維の紹介で皇帝にも会見ができる身分になったが、

のち詩句の一部が玄宗の不快を誘い追放された。

終生政府役人には就けず、不遇な一生を送り、故郷で没した。

平淡清雅の作風で五言律詩を得意とし、自然詩人として王維と並び称せられる。

享年52歳

クリックすると元のサイズで表示します

           クリックすると元のサイズで表示します

詩の意・・春の夜の眠りは心地よく、朝が来たのにも気づかなかった。

あちらでもこちらでも鳥が啼くのが聞こえる。

昨夜は一晩中、雨まじりの風が吹いていたが、

花はどれくらい散ってしまっただろうか。

詩吟教室も緊急事態宣言が明ければ来週にも始まりそうです

最初にこの詩や梅にまつわる詩を吟じてみたいものです。

クリックすると元のサイズで表示します

           クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ