にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
桜花の詩  日記

今年の桜は例年よりも早く開花し満開を向かえ桜前線は仙台を北上しているようです

我が家の桜も落花盛んで葉が出てきました

やはり桜の頃に詠う名詩は以下の桜花の詩ですね、

桜花の詞  逸名

薄命能く伸ぶ 旬日の寿  納言の姓字 此の花を冒す

零丁宿を借る 平忠度   吟詠風を恨む 源義家

滋賀の浦は荒れて 暖雪翻り 奈良の都は古りて 紅霞群がる

南朝の天子 今何処にか在ます 芳山を望まんと欲すれば路更に遙なり

薄命・・寿命短くはかないこと

旬日・・僅か10日ばかり

納言・・中納言藤原成範を差す、桜を愛し庭に植え、世に桜町中納言と称せられる。

零丁・・おちぶれること

零丁宿を借る 平忠度・・不遇の身をかこって、平忠度は以下の歌を

   行きくれて 木の下かげを 宿とせば

         花や今宵の あるじなるやむ


吟詠風を恨む 源義家・・義家は蝦夷征伐のとき勿来の関で以下の歌を

    吹く風を なこその関と 思えども

           道もせに散る 山桜かな


滋賀の浦は荒れて 暖雪翻り・・琵琶湖の西畔で詠まれた以下の歌は詠み人しらず

   さざなみや 滋賀の都は 荒れにしを

           昔ながらの 山ざくら花


奈良の都は古りて 紅霞群がる・・伊勢大輔の以下の歌が

    いにしえの 奈良の都の 八重桜

        今日九重に  匂いぬるかな


暖雪・・桜花のこと。  

紅霞・・桜花のこと。 

芳山・・吉野山


逸名と名を伏せた作者は当時鹿児島の第七高等学校の先生だったと言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

咲いて美しく、散ってまた美しく、桜の習性を詠ったのは以下の大和桜でしょうか
            

  大和桜 渡辺龍神

大和桜の雄々しさは

小枝の先の小蕾が

残ることなく開くまで

待って一時に散るとかや

日本の美しい桜の様を観察した日本吟道学院の創始総裁が作詞されたものだ。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ