にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
重陽の節句  漢詩

九月九日は重陽の節句で平安時代から貴族が邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、

菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていたそうですが、

最近は五節句の最後を飾る「重陽の節句」が季節感のズレからやや廃れて来たようです。

ところで五節句をご存知ですか?

知っているようで上げてみてと言われると…なんだったっけ・・。

1月7日が人日の節句(七草粥)、3月3日が桃の節句、5月5日が端午の節句、

7月7日が七夕、そして9月9日が重陽の節句・・・・ウン判った・・。

クリックすると元のサイズで表示します

でも重陽の節句は明治以降だんだん廃れて、やはり馴染みが少ない。

古来中国では、奇数は良いことを表す陽数、偶数は悪いことを示す陰数と考え、

その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まり。

その中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と

定め、不老長寿や繁栄を願ってお祝いをしてきました。

芭蕉の句にも重陽を詠んだ句が↓

草の戸や 日暮れてくれし 菊の酒

山中や 菊はたおらぬ 湯の匂 
(奥の細道より)

クリックすると元のサイズで表示します

決して物知りではないが、詩吟や俳句をやっているお陰で、

詩文や季語から紐解き学ぶことが多いのですが、

詩吟の第一歩の菅原道真の「九月十日」の副題が「重陽後一日」となっており、

重陽を良く知った次第なのですが・・・。

陰暦の九月十日は今年は十月十五日に相当していたようです・・今頃ですね。

   九月十日「重陽後一日」 菅原道真

去年の今夜清涼に待す 秋思の詩編独り断腸
 
恩賜の御衣今此に在あり 捧持して毎日余香を拝す


クリックすると元のサイズで表示します

今日は幕張本郷で詩吟教室があり、9巻の祝婚歌、石を煮て、母を想う(頼山陽)などを

仲間と高らかに、吟じる。

感染予防のために窓を開けてやるが、北風が冷たく、気温は低く震えるような日だった。
タグ: 重陽後一日



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ