にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
NYの戦友逝く  エッセイ

クリックすると元のサイズで表示します

今日、突然に弊社ニューヨーク メリンダ・ダイヤモンドの設立当初から

20年近く一緒に仕事をしたNYメリンダ・ダイヤモンド最大の功労者であった

K女史の訃報を知った。

昨年胃癌の全摘出を日本で行い、NYへ戻り、普通の生活に戻られてからの

再発で、あっという間の最終章を迎えてしまった。

思えば1979年ニューヨークにダイヤモンド買い付けの会社を設立するに当たって

NY在住のI女史と縁があり、その後のNYメリンダの会社の歴史はまさに

K女史の働きによるものが大きく、書き表せないほどの活躍してくれましたね。

米国人のご主人とNY在住のK女子は、英語に堪能なことは勿論、

GIA(米国宝石学協会)のG・Gの資格も有したバリバリのキャリアウーマンでしたね。

ユダヤ人を相手の特殊なビジネスもユダヤ人と親しく、彼らにも

絶大なる信頼があり、ファーストネームで親しく呼ばれてたね、

ビッグバイヤーであった弊社のK女史を知らないNY47丁目のダイヤモンド屋は

居ないとまで言われていたね。

NYダイヤモンドディラーズクラブの日本人女性としては初めての会員となったね。

ユダヤの小話も好んでネタを仕入れて彼らとジョークの交換をするなど

機知に富む貴方は、髭モジャで黒マントのハシデックジューの間では

とても人気者だったね。

NYメリンダが自社ビルを購入する1986年頃には米国の不動産の勉強をして

くれて、契約・賃貸のことなども夕方専門のクラスに通って勉強をしてくれたね、

その不動産の契約、賃貸管理の事も殆ど貴方が窓口で処理をしてくれたもので、

任せっきりの自分を良く助けてくれましたね。

ビルのテナントの火災(ボヤ)で消防車の出動騒ぎがあったね。

NYと日本を往復する自分の居ない時も変らず仕入れをし、日本からの

ダイヤの買い付けのお客様のお世話も昼夜を厭わず良くやってくれましたね。

1986年ごろでしたでしょうか、NYだけでは小粒ダイヤ、変形ダイヤはNYでは

競争力がないと貴方がイスラエルのテル・アビブに飛び、仕入れ網の基礎を作り、

会社を設立し後任のスタッフを送り黄金時代を築いてくれたね。

そんな出張の時でもユダヤ人の知人の家の夕食に呼ばれて

持参の洋服に着替え、お洒落して出かけていましたね。

NYでは日本人社会の「主婦の友の会」では中心的な存在で交際範囲が広かったね。

貴方に最後にに会ったのは一昨年NYへ行った時に日本レストランで

夕食をしながら、昔話や最近のマーケットの話題でしたね。

まさか、あの時が最後のなるとはお互い思いもよらない世の無常ですね。

訃報を聞いた今夜、もしやと思いつつ実家の石川県の弟さんに電話でお悔やみを

言ううちに、言葉に詰まり、電話を切った後は涙が止まらなかったなあ。

つくづく最近は涙もろくなったもの。

夕方の大空には貴方の笑顔が浮かんでいました、夏ツバメが飛んでいました。

今頃貴方はボブさんと二人の好きなカントリーウエスタンを楽しんでいるのだろうか。

余りにも早く駆け抜けて行かれた64年間。

心よりご冥福をお祈り致します。

Kさん有難う・・・合掌。

  *夏半月 心無残で ありにけり





2009/6/3  15:45

投稿者:海の子

恭子さんお気持ち感謝です。

今までいろんな方達をお見送りして来ましたが

今回は感慨ひとしおです。

年々涙もろくなってしまいました。

2009/6/2  22:03

投稿者:恭子

海の子さん、こんばんは

夕空を見上げながらAさんとの想い出に浸り
お別れを告げられていらっしゃるご様子を
思うと涙があふれました。
きっとたくさんの方の心に深く想い出を
残された素晴らしい方ですね・・・
海の子さんの呼びかけのような日記、
胸にぐっときます・・・

お話をお聞きし、私も謹んでお悔やみ申し上げます。

2009/6/2  14:42

投稿者:海の子

翠波さん

お心遣い感謝です。

人の世の常とはいえ、突然の別れの知らせは

堪えますね。

故人に感謝して思い出を大事にとっておきます。

夏椿がポトと落ちたような気持ちですね。

2009/6/2  14:35

投稿者:海の子

小愚さん

お気持ち有難うございます。

思いでは永遠ですから永久の友人として

心に残ってくれると思っております。

2009/6/2  13:55

投稿者:翆波

海の子さんこんにちは、エッセイを読まして頂き、胸にジンと響きました。さぞ、お淋しい事とお察しします。

人生は出会いと別れ・・でもこの様な有能な方との別れ

一層お辛いと思います。思い出は尽きないものです・・

心よりご冥福をお祈りいたします。

人の世の別れは突と夏椿   翆波



http://blog.livedoor.jp/saranohana

2009/6/1  22:45

投稿者:小愚

こんばんは。

何も言う事はできません、信頼していた仲間とのお別れ

ご愁傷様です。

ゆっくり思い出に浸ってお偲びください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ