にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
奥入瀬渓流  

クリックすると元のサイズで表示します

墓参り方々安比高原に逗留して、十和田、奥入瀬渓流に足を伸ばしてきました。

シーズンオフの今は高速道路がガラガラ、まるで専用道路です。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

初夏の奥入瀬川は瀬に鳴り渕に咽び、水歌うごとく、長い厳しい冬を乗り越えた

木々のさ緑のの美しさ、峪の深み魚住まぬ清流の美しさは筆舌に尽くしがたい。

紅葉の頃は車が20キロの渋滞となるが、オフの今がお薦め。

クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

 * 木漏れ日に 大滝飛沫 光りけり

 * 滝音に 明日の闘魂 養へり


クリックすると元のサイズで表示します

十和田湖は海のような大きい湖、この辺も気温は30度、しかし湿度がないので

あまり暑さは感じられない。

高村光太郎の作乙女の像は十和田湖の象徴。

          クリックすると元のサイズで表示します

  * 十和田湖の かすみてをりぬ 栗の花

  * 遠青嶺 ふるさとの山 仰ぎけり」


クリックすると元のサイズで表示します



2009/7/2  15:48

投稿者:海の子

小愚さん有難うございます

「ふるさとの 山に向かいて 言うことなし

ふるさとの山は 有り難きかな」

啄木の生家の渋民村は盛岡の北直ぐ近くにあります。

小生は何時も出かけるときは北を目指してしまう習性が

変わりません。信州や奈良・京都、四国。九州には

もっと素晴らしい自然の美しさがあるのは充分に

知ってはいるんですが、郷愁でしょうか。

2009/7/1  0:09

投稿者:小愚

こんばんは。

お墓参りに行ってらしたんですね。

私はいまだ盛岡より北へは行った事がありません。

十和田湖、奥入瀬、光太郎の作品を見ながら一度は行っ
てみたいですね。

“滝音に明日の闘魂・・・”まだお会いしたことはあり
ませんがいつも青春の海の子さんの姿が浮びます。

“遠青嶺 ふるさとの山・・・”山や川や大自然は必ず
ふるさとを実感させてくれますね。いくつになってもい
つでも “ふるさとの山はありがたきかな”だといつも
思っています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ