にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
友好の懸け橋に  エッセイ

クリックすると元のサイズで表示します

中国の温家宝首相は先日、旧満州(中国東北部)で残留孤児となり、

日本への帰国を果たした45人の訪中団を初めて北京の中南海に招き、

中日友好の使者、懸け橋となってほしい」と励ましたそうだ。


温首相は「回家了(お帰りなさい)」と声を掛けて出迎え、

元孤児たちは「育ててくれた中国の養父母、国民の恩を忘れたことはない」と

中国語で答え、涙ぐんだという。

元孤児たちは永住帰国後、言葉や仕事で苦労し、生活保護で暮らす人も少なくない

そうで「温首相が2年前の訪日の際、国会での演説で残留孤児問題に言及してくれた。

これで日本政府の新たな支援策ができ、中国の故郷にも帰るゆとりが生まれた」

と感謝の言葉を述べる人や「わたしには二つの家がある」という歌を披露する人も

いたという。

伝統ある孔子の論語・・中華思想を持った中国の民が満州に戦争孤児として

残された日本人の子を養子として育ててくれた事は、山崎豊子さんの8年を費やし

小説・ドラマになった「大地の子」

戦争の悲惨さと運命を弄ばれた人達の事を良く知るようになった。

大地の子↓
クリックすると元のサイズで表示します

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E3%81%AE%E5%AD%90

温首相の彼等に対する励ましの言葉は、中国五輪の開会式で見せてくれた

「朋遠方より来る・・・」から始まった中華民族もつの歴史の持つ大きさを

見たような思いがした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E5%AE%B6%E5%AE%9D

クリックすると元のサイズで表示します

オバマ大統領は丁寧にお辞儀する人のようで、歴代の大統領とは違うようだ、

先の天皇陛下とのお辞儀には米国では頭を下げ過ぎ卑屈であるとと

批判も多いそうだがブッシュ前大統領のような傲慢不遜な態度が

外交上の米国大統領らしいと考える米国人は多いようだ。

温家宝首相は、中国の経済対策について、1990年代の日本や

1930年代の米国は不況対策を性急に切り上げて失敗したが、

「中国はその轍(てつ)を踏むことはできない」と述べ、

景気刺激策の早期打ち切りを否定するなど、手堅い経済対策で知られている。

温家宝↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E5%AE%B6%E5%AE%9D

クリックすると元のサイズで表示します

悠久の「万里の長城」を歩きオバマ大統領は何を思ったのだろうか。

米国建国200余年と、万里の長城の歴史に思いを馳せながら、

中国元とドルのこと米国債と米国製品の売込み、

中国とのパートナーシップなど考えていたのだろうか?

         クリックすると元のサイズで表示します

甲州の枯露(ころ)柿がたくさん干され、今年の出来もよいようで

柿好きの小生には何とも良い風景だ。

  * 枯露柿のスダレのやうに干されけり






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ