2006/2/7

リサイクル  

昨日辺りから、ようやくマイナスが取れてきました。やっぱり大分楽ですね。
フランスでは、ゴミの分類が大抵2種類しかありません。瓶のようなガラスの類は、道ばたにある回収ボックスの中に入れるのですが、その他は全部一緒くた。ペットボトルだろうが乾電池だろうが傘だろうが・・・。
うちのマンションは、大家さんが割とうるさい人らしく、リサイクル出来そうな綺麗な紙やプラスチックなどは、地下の回収ボックスに入れる事になってますが、それでも3種類。
日本の実家の自治体のように10種類とか分けられても、それはそれで面倒なんですが、浄水器のカートリッジとか、物によっては分けて欲しいような物も結構あるので、何となく複雑というか。(あ、でもプリンタのインクカートリッジは、販売店に回収ボックスがあります)
で、以前ジュネーブのCOOPに行った時に、「スイスならあるんじゃないか?」と思って探してみたら、やっぱりちゃんとありました。浄水器のカートリッジに乾電池、ペットボトル・・・さすがスイス!とか思ってみたり(笑)という訳で、近頃では学校に行く時に、バックの中に電池やカートリッジを入れていく私なのでした。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ