安曇野、ひとり旅。

家から1時間と少し。
安曇野で見つけた風景を紹介します。

 

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:あき
うめたろうさん。
繭玉って食べられるものなんですね。
全国的には「どんど焼き」という言い方が一番多いそうです。

電飾…なんで…
でも、笑えるから、一度みたい。
投稿者:うめたろう
こんばんは。
辰野町でも”どんど焼き”ですよ。
紅、しろ、うすみどりの繭玉と鏡餅を木の枝につけて焼いて食べました。鳥取でもあるんですねー、長野県だけの風習だと思ってました。
この前見た”三九郎”には電飾が・・「焼き」いれたくなりました。。
投稿者:あき
ペンギンドーさん。
地方によって名前がちがっておもしろいですよね。

鏡餅なんですか〜。
長野市もお餅だけど、たぶんお正月に余ったお餅だと思いました。四角かった。
アルミホイルと焦げとで食べにくくてイヤでした。
繭玉はまだみたことがないです。
三九郎、見てみたいです。
投稿者:アズミノペンギンドー
松本周辺では“三九郎”って言いますね。
僕も組んだ姿しか見てないんですよ、これ。
気がついたら終わってました...

あきさんちんの方は“どんど焼き”ですかー
僕の実家の鳥取の方では“とんどさん”と言ってました。
子供の頃、固くなった鏡餅を割ってもらって針金で竹の先に吊るし、とんどさんの火であぶって食べましたね。
食べれば風邪引かないからと言われ、焦げて真っ黒になった餅を嫌々かじった覚えが(笑)
こちらでは繭玉でしたっけ。
なんか風流でいいなあ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ