自然大好き《道端観察記》

植物などの身近な自然を通して
季節を感じていたい

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メールはこちらへ

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:YAKUMA
hiro-photoさん
眩しいくらいの黄色い花ですね。
ケ、の付かないキツネのボタンもありますが、さてどちらの花だったのでしょう。
P、ありがとうございます。
投稿者:YAKUMA
多摩NTの住人さん
ウマノアシガタはようやく見つけたのに残念です。
また探しに行かないといけません。
投稿者:YAKUMA
ディックさん
この辺りでは、小さな流れ沿いなどでよく見られます。
やはり湿り気がある方がお好みなのですね。
キツネのボタンはやや山の中で見るという印象があります。どこまで区別すればいいのか私もわからないです。
投稿者:hiro-photo
こんばんは。
先日、やけにテカテカと光っている黄色い花に出会いましたが、この花だったのかも知れませんね。
お墓参りの途中の、山の細道での出会いでした。


http://hryphoto.exblog.jp/
投稿者:多摩NTの住人
この仲間もいろいろありますね。ウマノアシガタが見られなくなってしまったのは残念でしたね。

http://blog.goo.ne.jp/botanicallife4-1956
投稿者:ディック
実のトゲの先端がわずかに曲がっているとかいないとか、そんなことでしか区別できないのなら、この「ケ」があるなしの2種を区別する意味がどこにあるのか、長らくわからないままです。区別の仕方だけでなく、区別する意味も教えてほしいものです。
…との愚痴はともかく、「ケ」があってもなくても、この花弁の艶はすごいですね。写真で再現することはほとんど不可能に近い気がします。
湿地に多いので、田んぼのあるところでないとなかなかみつかりませんね。

http://dickhym.blog9.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ